FC2ブログ

ジョニーを使ったソヴァージュCMが英国で問題になった?

Posted by リラン on 30.2020 DIOR SAUVAGE 0 comments 0 trackback
現在、ジョニーに関係する2つのトピックスで、色々なサイトから記事が出ています。1つは「ハードをアクアマンから外せ」 という署名が160万の票を(現在)集めたこと、2つ目は「ジョニーを広告塔に使い続けているディオールに対する論争」 です。


日本語の詳しくて分かりやすい記事も出ていますが、丸写しするわけにもいかないので、INSIDER の記事(2つ目の方の話題)を訳します。

猿渡由紀さんのYahoo!ニュースの記事は コチラ 、 tvgroove の記事は コチラ です。

2つの記事とも、イギリスの”ガーディアン紙” の記事を参照していますが、”ガーディアン紙”って、裁判が始まる前から”反ジョニー” の姿勢の記事ですよ、”サン紙” と関係があるのか、”#Me Too”や”#Time Up" と関係があるのか。


1130 magic hour


【ディオールはジョニーデップ主演の香水のコマーシャルを放送することで反発を引き起こした】

ジョニー・デップ主演のディオール香水のコマーシャルは、火曜日に英国で放送された後で、論争を巻き起こした。

”ガーディアン”は、火曜日に英国で The Great British Bake Off」 を放映中に、主演のデップがエレキギターを演奏する、ソヴァージュ・フレグランスのディオールCM が流れたと報道しました。

デップは2015年以来、フランスの高級ブランドの香水の顔であり、ディオール・フレグランスの多くのCM に主演しています。

翌2016年、女優のアンバー・ハードが離婚を申請し、彼らの関係を通してデップが彼女を虐待したと主張した時、俳優は厳しい視線に晒されました。デップは申し立てを否定し、2017年に離婚が成立しました。

英国で広告を規制している Advertising Standards Authority (英国の広告規制局) のスポークスパーソンは、火曜日にデップのディオールCMが放映された後、視聴者から11件の苦情を受け取ったと”ガーディアン”に語った。

広告規制局のスポークスパーソンは、「この広告について合計11件の苦情が寄せられており、彼の最近の裁判に関する内容のため、ジョニー・デップはCMに存在するべきではないと、考えている」と述べました。

広告は一部の人から批判を集めましたが、デップのサポーターは、ソヴァージュのコマーシャルを追放された俳優の勝利と見なしたように見えました。デップのファンは金曜日と土曜日にツイッターで、#JusticeForJohnnyDepp のハッシュタグを共有し、ディオールがキャンペーンから俳優を外さなかったを称賛しました。

今の所、ディオールの代理人からの Insider のコメント要求に返答はありません。



何だ、苦情はたったの11件しかなかったんですねー!それでも問題にしなければならなかったんでしょーか?わざわざ”広告規制局”とやらが出て来て。嬉しい事に”ソヴァージュ” は売れているらしいんですよ、猿渡さんの記事にもあるけど、男性用コロンのベストセラー一位をキープ、、使っているのは男性なんだし、あんな良い加減な裁判結果なんて気にしませんよね。

1130 Dior






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4825-a40a9060