FC2ブログ

バージニアの裁判は、ジョニーの希望どおり2021年5月に延期になった

Posted by リラン on 12.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
ジョニーは、ファンタビの撮影期間が決定(2020年10月から2021年2月)して、来年1月11日に設定されていたバージニアでの裁判に差し障りが出た為、裁判時期の延期(2021年3月から6月の間に)を申請していました。当然(?)ハード側から横槍が入り、ハードが出演するアクアマン2の撮影も2021年の何処かで始まるし、予定どおり出来ないなら訴訟を取り下げるべきだ、、と裁判所に文書を提出していたのですが、9月11日にヒアリングが開かれ、名誉毀損の裁判は 1月11日から 5月3日に延期 される事になりました。裁判長はあくまで裁判の延期は、ジョニーのスケジュールは関係なく、新型コロナのパンデミックにより他の裁判が遅れているから、、だと説明しています。


下の文書は、ワーナーの弁護士から、2つの法律事務所(ジョニー側とハード側の?)に宛てた E メールによる連絡文書で、そこにはファンタビのスケジュールと、アクアマンのスケジュールに関する記述があります。2つの法律事務所の所在地はバージニア州とワシントン DC。

0912 Trial

親愛なる Bredehoftさんと Chewさん。お二人それぞれのクライアントの訴訟において、スケジュールの様々な問題について、私と話し合う時間を取ってくれて有難うございます。私たちが議論したように、「ファンタスティック・ビースト 3」は、今月イギリスで製作が始まります、そして、デップ氏には 9月17日から撮影終了予定の2021年2月半ばまでイギリスにいて頂く必要があります。「アクアマン 2」 に関しては、その映画は2021年5月31日より前には製作を開始しません。


アクアマンからハードを外せ、、という運動があるのはご存知かと思いますが(もうすぐ50万票に届きそうです)、ハードはその運動や、ロレアルのキャンペーン起用についてのバッシングなどのネガティブ・キャンペーンはジョニーが主導しているとして、1億ドルの損害賠償金を求める訴状を提出したようです。日本語の記事が コチラ


0912 london 3

DEADLINE の記事の抜粋です、、

今朝(9/11)フェアファックスで開かれた公聴会で、裁判所のブルース・ホワイト判事は、来年1月11日から2021年5月31日まで裁判を延期しました。しかし、今回の延期はワーナ・ブラザースのファンタスティック・ビースト3のデップのスケジュールとは何の関係もありませんでした。また、ハードのアクアマン2履行のためのスケジュールのためでもありません。

それはすべて COVID-19 についてでした。

「今のところ、バージニア州最高裁判所は、私たちが陪審員裁判を行うことを許可していません」 と、ホワイト判事は両方の俳優のために集められた弁護士に話しました。ハード自身も金曜日ビデオリンクを介して参加しました。刑事事件が法廷に最初に戻ってくる予定であり、未処理の(刑事事件の)裁判のため、俳優と前妻との戦いは、来年さらに遅れる可能性があります。

コロナウィルス大流行のために既に2回延期された裁判を、デップは8月31日の手続きで、2021年3月から6月の間のどこかに移すよう求めていました。デップは理由を、10月から来年2月にロンドンで予定されている”ファンタスティック・ビースト3” の撮影のためであると言いました。

9月4日に提出された対抗文書の中で、ハードは、ホワイト判事がデップの延期要求を認めた場合、彼女自身のワーナー・ブラザース映画の続編スケジュールに支障が出る可能性があると宣言しました。

「被告のキャリアは、数ヶ月前に2021年2月に撮影を開始すると言われた”アクアマン2” を除いて事実上停止しています」、ハードの法務チーム、バージニアの Charlson Brederoft Cohen & Brown他の弁護士が提出した文書で宣言しています。「ワーナー・ブラザースの弁護士は、アクアマン2 がいつ撮影を開始するか分からないと言いましたが、これは2021年の春に始まる予定です」

実際には、9月8日の文書では、ワーナーの弁護士ウェイン・M・スミスは、デップとハードのトップ弁護士に、アクアマン2 は「2021年5月31日より早くは生産を開始しない」 と語りました。バージニアの裁判が予想される3週間より長く続く場合、ハードは確かに深刻な問題に直面するかもしれません。

スミスのメールによると、ファンタビ3 は9月17日から来年2月にセットされていますが、デップは明らかに今日(9/11) の結果に満足しています。いつもは隠遁している俳優は、ソーシャル・メディアに珍しいファンへの挨拶を投稿しました。

これは全て、ハードが2018年12月にワシントン・ポストの op-ed で家庭内暴力について書いた後に、2019年初めにデップが訴訟を起こしました。デップがディズニーのパイレーツのリブートで彼のキャラクターを犠牲にしたと信じているその記事には、実際に名前で彼に言及することはありません。

それ以来、ハードは何度も(訴訟の)却下または西海岸への(裁判所の)移動を試みることに失敗しました。この夏のはじめに、女優は元夫を1億ドルで Countersue (原告に対して訴訟を起こす) しました。






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4749-e2a198f8