FC2ブログ

ジョニーから暴行を受けたという日の翌日、キースと会って微笑むハード

Posted by リラン on 22.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
前の記事の補足です (内容が薄かったから他を探した)、 7月21日(火)にハードが受けた尋問の面白いのがありました。下の写真は2013年3月のものだそうです。


0722 keith richard

記事は コチラ から

ジョニー・デップとローリング・ストーンズのギターリスト、キース・リチャーズとのアンバー・ハードの写真は、女優が俳優から得たと思われる殴打について、ウソをついている事を証明するために、火曜日(7/21)にロンドンの裁判所に提出されました。

「この写真に顔に怪我が全くないという事に同意しますか?」 デップの弁護士エレノア・ローズは、英国のタブロイドに対するデップの、センセーショナルな名誉毀損訴訟で、証言するため2日連続で証人スタンドにいたハードに尋ねました。

デップとリチャーズの間に立ち、そっくりな妹のホイットニーと一緒に写真を撮って、微笑んでいる女優は、2013年3月の写真の前夜に俳優から暴行を受けたと語りました。

最初に、ハードはデップの弁護士に、写真からは怪我をしているかどうかが見分けることが出来ないと言いました、それから「私の唇は少し腫れているようです」 と付け加えました。

ロウは、「この写真は、あなたがデップ氏に殴られた前か後か示していますか」 と、尋ねました。

ハードは言い返しました、「どの時?3月は多くの事件がありました」

デップは、彼が彼らの関係を通じて繰り返し彼女を暴行したというハードの主張に基づいて、2018年の記事の見出しで彼を「ワイフ・ビーター」 と呼んだことで、サン紙を訴えています。デップはハードを決して打ったことはないと否定しています。



ケイトの話も気になりますよね、やはり注目されて、その部分が記事のタイトルになっているものが沢山あります。ケイトに問い合わせが行きそうですが、今までも何も発言してこなかったから、これからもケイトが発言することはなさそうですが。”ジョニーがケイトを階段から突き落とした”ことが本当にあったのか? ハードはなんでそんな迷惑な話をしたのでしょうか、嫌な女ですね。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4706-96e551f6