FC2ブログ

英国の名誉毀損裁判のルールによるとサンの負け!?

Posted by リラン on 21.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
今日(7月21日)のお昼、フジテレビの 『とくダネ!』 で(先週火曜日に引き続き)ジョニーとハードの裁判の話題を取り上げました。コメンテーターが沢山いる番組でやる時は、よく知らないで嫌なことを言う人がいるので、ハラハラなのですが、、全体としてジョニーに好意的で(ハードはうさん臭い女扱い、、)ホッとしました。

そこで、後半、MC坂上忍さんの「これからどうなるの?」 の質問に、国際弁護士の清原博さんが嬉しい事を言ってくれましたよ。

坂上さん 「それで、これからどうなるの?」

デイブさん 「ジョニーは裁判をやるべきではなかった、イギリスの裁判を甘く見ていた。こんな不利な証言や恥ずかしい話が出てくるとは思わなかったんでしょう」

清原博さん 
「そこは、ちょっと我々弁護士の見解と違う。イギリスの裁判所は名誉毀損の被害者を救済するために、有利な判決を出す事が多い。だからジョニーデップはイギリスを選んでいる。ドロ沼の裁判でイメージが悪くなっても、アメリカでDVの疑惑がある以上、イギリスの裁判に勝って汚名を晴らした方がメリットが大きい。だから、裁判を起こす必要があった。

DVが行われたどうか、分からない時、イギリスの裁判ではサン側が負けますよ、というルールがある。だから、デップさんはDVがあったかどうか分からなくても勝つんですよ、イギリスでは」 
 


ちなみに、ハードの痣の写真は、医師のカルテなどが付いていない場合、証拠としては不十分。だという事です。

デーブさん 「ハードは(暴力が本当なら)警察に行くべきだった、専門家が見ればいつ怪我したのかなどがわかるから」 

ミッツさん、、裁判所に入るハードの写真を見て、、「いざという時三つ編みをする女はタチが悪い、あの清楚なスタイリング、完全演技が入っている」
坂上さん? 「女優だからね」
ミッツさん 「でも(みんなが言っているのを聞いていると)大した女優じゃないんでしょ?」

でも、今は演技に力が入っているね。。。


0721 tokudane 1 0721 tpludane2 0721 tokudane 3 0721 tokudane 4 0721 tokudane 5 0721 tokudane 6


rリチャードの宣伝もしてくれていましたよ ♪♪

0721 tokudane 7


ジョニーが浮気をしていると疑った俳優たち、、ディカプリオが出て来たんで大きな話題になっちゃっています。共演はしていないけれど、ディカプリオ主演の 『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』 のオーディションを受けているんですよね。映画ではマーゴット・ロビーが演じた奥さん役の。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4703-1f244581