FC2ブログ

ロンドン高等裁判所、被告の訴訟取り下げ要求を拒否!

Posted by リラン on 03.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
7月7日から始まる予定の、ジョニーがタブロイド紙”ザ・サン” の出版会社である"ニュース・グループ・ニュースペーパーズ(NGN)”を名誉毀損で訴えている裁判、 NGN はジョニーの訴えを取り下げるよう、裁判所に申請していたようですが、7月2日に裁判所の判定が出て、NGN の要請を退け、裁判は予定通り7日から始まることが確認されました

AP通信 の記事です。


0703 Johnny


【英国の裁判官は、デップの名誉毀損訴訟の、タブロイドの取り下げ要求を拒否します】

英国の裁判官は木曜日、彼が元妻アンバー・ハードを虐待したと主張する記事を巡って、俳優ジョニー・デップが起こした名誉毀損訴訟を潰そうとする、タブロイド紙The SUN の試みを却下した。

「私の見解では、主張に反論するだけではないようだ」 アンドリュー・ニコル判事は言った。

この決定は、2人の有名人とその大規模な弁護団が来週ロンドンの高等裁判所で対決する事を意味する。

デップ(57)とハード(34)は、2011年のコメディ「ラム・ダイアリー」 のセットで出会い、2015年2月にロサンゼルスで結婚、2人は2017年に離婚した。

デップは、俳優がハードに暴力的で虐待をしたと主張する2018年の記事を巡って、”サン”の出版社、ニュース・グループ・ニュースペーパーズ、そしてエグゼクティブ・エディターのダン・ウートンを訴えている。デップはその主張を強く否定している。

サンの弁護士は、デップが2015年ハードとオーストラリアにいる間に「MDMAやその他の違法薬物」 を購入しようとした事を示す、アシスタントと交換したメッセージを開示しなかった事を理由に、この事件を却下するよう申請した。

ニュースペーパーズの弁護士、アダム・ウォランスキーは、この文書の(使用の)差し控えは、米国でのハードに対する別の名誉毀損詐称からの全ての文書を提供する事を、デップに要求する以前の、裁判所命令に対する違反であると述べた。

彼は、その間違えが、被告(NGN) が公正な裁判を受ける能力を危険にさらしていると言った。

裁判官は、デップが開示命令に違反したと判断したが、彼に「制裁からの救済」を認めた、それは訴訟が進行できる事を意味する。 ※制裁=道徳、慣習、法規、申し合わせなどに背いた者を懲らしめの為に罰する事。

彼はまた、ハードがデップと婚姻関係にある間に彼女が関係したとされる、俳優ジェームス・フランコとスペース・エックス創設者イーロン・マスクとの通信を含む証拠を開示する事を、ハードに強制するデップの試みを拒否しました。

「真実を守るための中心的な論点は、デップ氏がハードさんを襲ったかどうかである」 と判事は言った。「彼女が彼に不実であったとしても、それは中心的な問題には無関係です。従って、これらの関係の文書が、訴訟の公正な処分に必要であるとは私は納得しません」

デップとハードは、コロナウィルスのパンデミックのために、3月から延期されたロンドン訴訟で、直接証拠を提出する予定です。

ソーシャル・ディスタンスを取った裁判は3週間続く予定です。証人には、デップの元パートナーであるヴァネッサ・パラディとウィノナ・ライダーが含まれる可能性が高く、2人はデップを支持する声明を提出している。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4673-d2cf2c7d