FC2ブログ

ハードの強力な弁護士ロベルタ・カプランがハードの弁護から外れた

Posted by リラン on 18.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
数日前から出ていた”BLAST” の記事を訳しました。ハードの弁護士で”タイムズ・アップ” 運動を代表する弁護士として有名なロベルタ・カプランと彼女の法律事務所の数人の弁護士がハードの代表から離脱する、、というものです。カプラン側は、その理由について、
「新型コロナのせいで、ヴェージニアでの裁判に参加するには移動が困難であり、費用も莫大なものになるので、地元も弁護士に引き継ぐことにした」 、、という事ですが、ジョニーの弁護士アダム・ウォルドマンさんは、それは表向きであり他に理由があるのでは? と疑っているようです。

【アンバーハードは、ジョニーデップ裁判で”Time's Up" の弁護士ロベルタ・カプランを失う】

アンバーハードの弁護チームは、”Time's Up" の共同創設者であるロベルタ・カプランが、ジョニーデップが女優に対して行った名誉毀損訴訟からの引き揚げを申請したので、非常に有名な弁護士を失いました。  

The BLAST が入手した新しい法的文書で、カプランは他の数人の弁護士と共に、この訴訟から離脱する事を裁判官に求め、そしてハードもこの決定を承認したと述べています。

申請書によると、ロベルタ・カプラン、ジョン・クイン、ジュリー・フィンク、ダヴィダ・ブルックは被告アンバー・ハードの弁護士として辞任することの許可を署名入りの文書で申請しています。文書で、カプランは以下に記載される”根拠”に基づいて、諸将から離れると言います。

アンバーハードは今後、その州で事件を扱うバージニア州の弁護士を任命します。「ハードさんの弁護士として、まだ記録されている弁護士に加えて、バードさんはバージニア州で認可された別の裁判弁護士” Elaine Bredehoft”のサービスを受けることを維持しています。

文書は続けて、「全ての撤退した弁護士は、現在、代理人として認められています。ハードさんは依然として、署名されたバージニアの弁護士によって代表されます」 

私たちが言ったように、女優は決定に参加しているようであり、書類は突然の動きに彼女が同意していると言います。「ハードさんは弁護士の辞任に反対せず、撤退の命令を容認しています」

Kaplan Hecker & Fink LL のスポークスマンはBLAST に述べます「私たちはアンバーを信じ、信頼しています。私たちはアンバーの弁護を努めることを誇りに思っています。今日の(コロナの)予期せぬ状況で、旅行や物流のコストが高騰するに連れ、バージニア州に拠点を置く地元の弁護士に事件を移すという決定をしました。

しかし、ジョニーデップの弁護士アダム・ウォルドマンは、弁護士チェンジの背後にある推論に納得していないようで、私たちに言います、「何年もの間、#TimeUp 達は不可解にも、彼らのワゴンをアンバーハードの虐待のデマに引っ掛けていました。#TimeUp 司法支援基金の共同設立者のハードの弁護士は、どうやら長い間反論していたハードさんの詐欺行為から外れたようです。私たちはその理由を発見するつもりです」

ロベルタ・カプランは誰もが知っているように、米国最高裁判所の前で同性婚合法化集会を先導し、”Time's Up" の司法支援基金を共同設立しました。

私たちがレポートしたように、この訴訟は裁判に向かっており、ジョニーデップは、彼女の離婚調停の一環として行われた寄付に関連して、ACLU(アメリカ人権協会)とロサンゼルス小児病院との間で、ハードと交わした文書および通信を収集するために召喚状を発行したところです。

彼の法務チームは、ハードが実際に慈善団体に支払った金額と、その資金源がどこにあるかについて、深刻な質問をしているようです。

提出された文書によれば、ジョニーは各組織に、彼の元妻であるハードに関連する、全ての文書と情報を引き渡すよう命令する事を、裁判所に要請しています。

また、ハードは2つの戦線でジョニーデップと戦っています。1つはヨーロッパで、デップと”ザ・サン” に関する訴訟で裁判にかけられようとしています。その場合、ハードはヴァージニア訴訟に関連する詳細について証言します。


コチラ からの記事では、カプランが離れた理由についてアダム・ウォルドマンの意見を追加しています。

【 一方、ジョニーデップを代表する弁護士は、アンバーハードの弁護士が訴訟を取りやめる事を決定した本当の理由を見つける事に非常に熱心です。 彼らはまた、ロベルタ・カプランと他の弁護士が、俳優に関するアンバー・ハードの偽りの主張から、離れる(関わらない)事を決定したと付け加えました 】


追加で書いた理由での離脱だったら、本当に嬉しいですね。勝ち目がない、、と判断したわけだと思うから。希望を持って見守りたいと思います。


オマケ、、映画館が解禁になったけれど、新しい映画の公開が決まらないためか、過去のヒット作品を上映する映画館が多くて、「パイレーツ:最後の海賊」 も7月3日(頃)から上映するんですね〜観に行こうっと♪ 写真は上海プレミアの時のようです。

0618 shanghai premiere





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4659-8c23d4b9