FC2ブログ

”バーバリアンズ” 8月に北米向けデジタルリリースへ

Posted by リラン on 22.2020 夷狄を待ちながら 0 comments 0 trackback
DEADLINE 他の報道によると、“ウェイティング・フォー・ザ・バーバリアンズ”の北米向け配給権を持っている “Samuel Goldwyn Films” は、映画を劇場公開するつもりだったが、新型コロナの影響により、8月にオンデマンドとデジタル・プラットフォームによりリリースする、、という事です。日本ではその方法でも視聴できるか難しいでしょうね。


“Samuel Goldwyn Films” から新しいスティールが出て来ました。ポスターも”Coming Soon" だそうです、ポスターくらい作って欲しいですよね。素敵な(ジョニーが)ポスターを期待です。

0521 Waiting for the Barbarians

0520 Johnny Mark

マーク・ライランスは、大佐(デップが演じる)が来たら引退する事を楽しみにしている、大帝国の国境にあるフロンティア入植地にある政務官を演じ、”野蛮人(バーバリアンズ)” の活動と国境の治安状況の報告が任務である。しかし、大佐の冷酷な尋問が、彼の帝国への忠誠心を疑問視させる事に繋がる。


過去の記事を探していて目に入った、チューリッヒ映画祭(2018年10月)の素敵なジョニーです

この投稿をInstagramで見る

JOHNNY DEPP by SILVAN GIGER #johnnydepp #actor #film #silvangiger

Silvan Giger(@silvangigerstudio)がシェアした投稿 -



コチラ で大きい画面で観られます。



0522 silvan giger 6 0522 silvan giger 5 0522 silvan giger 3 0522 silvan giger 11 0522 silvan giger 10 0522 silvan giger 8 0522 silvan giger 4 0522 silvan giger 7 0522 silvan giger 2 0522 silvan giger 9






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4642-99c681f3