FC2ブログ

ハードへの名誉毀損訴訟、ジョシュ・リッチマンの宣言 

Posted by リラン on 04.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
海外のファンサイトで、ジョニーの友人“ジョシュ・リッチマン”さんの発言が話題になっていたので、訳して見ました。 これは対ハードの名誉毀損の訴訟で、去年の11月にバージニア州裁判所に提出されたリッチマンさんの宣言でした。新しく出て来た供述は 茶字 で書いてあります。 それから、ラケル・ペニントンの事を“ロッキー”と呼んでいるんですけど、同姓同名のラケル”ロッキー”ペニントンという格闘家がいるんですよね、だからハードの友人のラケルも友人からそう呼ばれているのかも。ジョニーもフォローする Brian McPherson さんのツイッターから出て来た話のようです。


ジョシュ・リッチマンは次のように宣言します。

1. 私は18歳以上であり、この訴訟の当事者ではありません。私は直接体験によって、以下に述べる事実の個人的な知識を持っています。

2. 私はジョニー・デップをおよそ33年間知り、友人だと思っています。

3. 2015年2月7日バハマでのアンバー・ハードとのジョニーの結婚式に出席しました。小さな島で、結婚式の参加者は非常に少なかった。

4. 出席したジョニーの真の友人は、誰もジョニーがアンバーと結婚して幸せだった人はいませんでした、私たちは率直に話し合いました。私が共有した彼の友人の包括的な見解は、私たちは全体的な詳細は知らなかったが、ハードはジョニーを感情的に虐待し苦しめた。真の友人たちから彼を切り離し、そして感情的に彼に残酷だった。彼は、彼女と別れようとしたら、彼女がそのような行動を取るか、いつも恐れて生きているようだった。彼の家族、友人たち、そして私は、ジョニーは彼女の要求に負けて彼女と結婚したといつも感じていた。

5. 私たちが知っていた数少ない特定の出来事が、特に私と彼の友人たちの懸念を引き起こした。私たち、そして私は確かにジョニーから、結婚式前の彼らの言い争いを知らされた、ジョニーは私に詳しく語った、アンバーは(トイレを備えた)浴室に入って行き、そして赤いものが付いたティッシュを持って出て来て、彼のせいで彼女が鼻血を出したと言った。しかし、その出来事の後、彼はそのティッシュを回収した、、彼はまだそれを持っている。アンバー・ハードはティッシュに赤いマニキュアを付けていた

このような出来事は、彼の友人たちが彼の幸せを心配する内のほんの一部です。ジョニーを長い間、また、少しでも知っている人なら誰でも、彼はユニークで勇敢で親切で思慮深い人物であり、全ての人を分け隔てなく扱い、常に人々を助け、他人の気持ちを傷付けたくない事に気付くだろう。

6. 私はアンバー、彼女の妹、そして友人が、結婚式の週末の多くを通して酩酊しているか薬物の影響下にあるように見えました。結婚式の前日、アンバー・ハードの友人で結婚式パーティのメンバー“アイオ・ティレット・ライト(iO Tillett Wright)” は、結婚式の詳細に付いての議論の間に、パーティの別のメンバー、ロッキー・ペニントン(Raquel Pennington) を激しく暴行した、ロッキーはウェディング・プランナーの役目を負い、アンバーの軽薄なリクエストを成し遂げた。

彼女たちは皆、ジョニーが多額の費用をかけたこの結婚式の、シャレード(ジェスチャーゲーム)を演じる甘やかされた子供の一団のようでした。私たち全員は、ジョニーが海外に撮影に行く前に、アンバーから強要されて結婚する事を恥ずかしがっていると知っていた。

この小さな島の結婚式のゲストの殆ど(または全員)がこの暴力的な事件について聞いていた。週末の間、私はアンバーの他の友人とは違い、才気があって面白い”アイオ”を見つけ、彼女/彼とうまくやっていた。彼女/彼がロッキーを打ちのめした後に、、多くのゲストがバーでブラブラしていた、、私は何があったのか“アイオ”に聞いた。彼女/彼は笑って、ロッキーが結婚式の計画についてヒステリックになり、泣いて騒いだのだと言った。彼女/彼は、身体的に暴行した事実を嬉しそうに話した。”アイオ”はこの事件を満足げに笑っていた。

7. その後、私は”アイオ”にラッパ^の"ASAP Rocky"に基付いた面白いニックネームを与えました「I Slap Rocky 私はロッキーを叩いた」、結婚式のゲストと”アイオ”の友達の多くは、週末の残りを「I Slap Rocky」と”アイオ”を呼んだ。”アイオ”はこれを非常に誇りと思い、名誉のバッジをもらったかのように陽気だった。


作成日は2019年11月、LAで

私は、米国とバージニア州の法律の下、偽証罪の罰則の下、前述した事は真実であり、正しい事を宣言します。

ジョシュ・リッチマン (Josh Richman)



この事件を報道した BLAST から、、

デップの弁護士アダム・ウォルドマンは、BLASTに 「ハードの“TimeUp"運動の弁護士は、虐待デマ事件の彼女の主要な証人が、他の主要な証人に暴行をした事を「無関係」と言います。彼女は、クライアントの虐待デマのレパートリーにティッシュとマニキュアが含まれているという証拠を「‘self-serving leak.’ 利己的リーク」と呼んでいます。そして、彼女は私たちにこれらの最新の開示を保証し、オーディオ、ビデオ、写真、および証言mの証拠の山に積み上げて“この事件の根本的な事実を変えるものではない“と言ったが、しかし、これらはこの事件の根底にある事実です」と語りました。


面白い話が出て来ました、、ジョニーの事をみんなして金ヅルとしてしか見ていなかったような、奇妙な連中です。

結婚式の写真、、白い帽子&スーツ着ているのがジョシュさんだと思います。

0503 wedding 2

2015年3月、オーストラリアでの怪我の治療でLAに戻った時のジョニーとジョシュさん。怪我の理由についてアンバーにやられた、、と話していたのでしょうか。深刻な顔はしていませんね。

0502 Johnny Josh

オマケ、この写真見たかな?今年2月のロンドンでの裁判所から帰途に着くジョニー。あまりに過剰警護だったから、(疲れてヨレヨレになったかと)心配しちゃったけど、元気そうだったんですね。

0429 Royal court 0429 Royal Court 2 0429 Royal Court 3






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4629-c169d10c