FC2ブログ

ハードの裁判を無効にする要求をバージニア裁判所が拒否

Posted by リラン on 29.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
ジョニーが起こしたハードに対する名誉毀損の裁判、ジョニーの訴えを無効にすべきとのハード側の要求をバージニア裁判所が拒否しました。 ワシントンポストに掲載したハードの op-ed 、ジョニーが問題視したという4つの記述のうち3つが名誉毀損の疑いがあると認められたという事で、その3つを赤字で、認められなかった1つを青字で色分けました。嬉しいことに色々記事が出ていましたが、VARIETY を訳してみました。


【 ジョニー・デップはアンバー・ハードに対する名誉毀損訴訟を続ける事を許された 】

バージニア州の裁判官は金曜日、アンバー・ハードに対するジョニー・デップの訴訟を却下する事を拒否し、彼女がワシントン・ポストの意見記事で、彼の名誉を毀損したという主張を進める事を許した。

2018年12月に発行された記事では、デップが結婚中に彼女を暴行したという彼女の以前の主張をほのめかしたが、彼を名前で特定しなかった。

ブルース・D・ホワイト判事は金曜日、ハードの記事がデップが彼女を暴行した事を明確に暗示しているという理論の下で、デップは進める事ができると判断した。

「原告は、問題となっている係争中の4つの主張の内3つに、デップ氏がハードさんを虐待したという中傷の疑いをほのめかす、正当な根拠となる状況を弁論し、この主張の意味するところは実際に名誉毀損である」 ホワイト判事は書いています。

デップは2019年3月に5000万ドルの訴訟を起こし、この記事の見出しと、その中で彼が虐待者である事を暗示する、いくつかの声明に対し、問題として取り上げました。 

見出しは、「アンバーハード:私は性的暴力に反対し、私たちの社会的怒りに直面した、それは変わる必要があります

記事の本文で彼女はこう書いています、「それから2年前、私は家庭内暴力を代表する著名人となり、社会的な憤りが公然と発言する女性たちに大きく力を及ぼす事を感じました」 

彼女はまた、こう書いています「I had the rare vantage point of seeing, in real time, how institutions protect men accused of abuse (虐待で告発された男性を、機関がどの様に保護するかを、私はフルタイムで見る機会がありました

ハードは、彼らの離婚という状況の中で、2016年にデップが彼女を虐待したと初めての告発をしました。デップは、申し立ては虚偽であり、ハードのキャリアを促進するために偽装されたデマであると、ずっと言ってきました。

ハードの弁護士ロバータ・カプランは、昨年の秋に訴訟を棄却するよう裁判所に要請し、この記事はハードのデップに対する主張が基本ではなかった、と主張しました。

「それは彼女に、そして彼女が前に踏み出した後に何が起こったかについてでした」とカプランは主張しました。

ホワイト判事はその主張を退け、記事は「ハードさんがデップさんに虐待されたという事実の裏付けに頼ったものだ」と認めた。

ホワイト判事は、記事の4番目の陳述については、デップの名誉毀損の申し立てを棄却しました。その記事の中で、彼女(ハード)は死の脅迫を受け、まれに家を出た時はパパラッチに追い回された、と書きました。

私は世論(という)の裁判所で裁判にかけられたように感じました。そして、私の人生と生計は無数の裁きにかかり、私の手に負えないほどです」 彼女は書きました。

ホワイト判事は、その主張はデップに対して中傷的な含みを持たなかった、と述べました。ホワイトはまた、ハードは2016年の最初の供述をほのめかしただけなので、訴訟は1年間の Stature of Limitations (時効、出訴期限)により禁じられている、というハードの弁護士の主張を退けました。

ハードの弁護士は、必要に応じ彼女が、実際に、虐待された事を示すつもりだと言いました。

「今日の決定は、ハードさんの op-ed の意味と、彼女が言った事の真実を、陪審員に委ねます」 と、金曜日にカプランは言いました。「私たちが初めからずっと言ってきたように、裁判所は真実を決定する強力な仕組みを備えています。ここでは、裁判所が特定した案件に関する証拠、すなわち“ハードさんはデップ氏によって虐待された” かどうか、の証拠が陪審員に提示された時に、ハードさんが裁判で勝利すると確信しています。」

デップの弁護士の1人アダム・ウォルドマンは、この判決がそれ自体を物語っていると答えました。

「動議が却下される事を、彼らがずっと計画していた事であるというロベルタ・カプランのほのめかしもまた、それ自体を物語っている。」 彼は言いました。 「カプランさんが自信を持って引用しているアンバー・ハードの架空の“証拠” については、私達と現実の両方がそれを楽しみにしています」



0329 Berlin 5





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4600-cc24b89e