FC2ブログ

ウィノナが(DV問題で)ジョニーを擁護する文書を法廷に提出

Posted by リラン on 14.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
本題前に素敵な写真を。。ジーナ・デュータースさんがインスタに上げてくれた写真です。「何を見ていたのか思い出せないわ」 という事ですが。

0313 Gina Dueters


ウィノナ・ライダーが、アンバーハードへの名誉毀損事件を取り扱う、バージニア州の裁判所に、ジョニーを擁護する文書を提出したという事です。ウィノナは、ヴァネッサやロリー・アンのように、2016年5月にハードが起こした“ジョニーからのDV被害による離婚騒動”の時に積極的に声明を出したりはしませんでしたが、2016年6月“タイム誌”のインタビューの中での質問に答えて、ジョニーを擁護する発言をしていました(記事はコチラ) が、今回正式な声明を出した形です。

BLAST の記事です。

ジョニーデップは、彼の元婚約者の女優ウィノナ・ライダーが、バージニア州名誉毀損事件に、デップが「DVを犯すとは信じられない」と宣言したあと、アンバーハードに対する訴訟で大きな支持を受けました。

0313 Johnny Winona 3

“BRAST” によって得られた宣言では、彼女は正式に、ジョニーデップが暴力的な人物であるとは信じられず、過去に誰かに暴力的であったのを目撃したことはないと述べています。

48歳のライダーは、デップの証人として呼ばれる意思があり、デップを“支持して”声明を出していると主張しました。「ジョニーデップの前妻によって、過去数年間の公に行われた暴力の申し立てを、認識しています」 にもかかわらず、揺るぎない支持を与えました。

ライダーは、1989年ニューヨークでの“グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー”プレミアでの初めての出会いから、彼らのロマンスを含めたジョニーデップとの歴史を要約して、宣言を始めました。

「私はジョニーを何年も前に良く知っていました。私たちは4年間カップルとして一緒にいて、彼を親友とも、親しい家族とも思っていました。私達の関係を、私の人生のより重要な関係の1つだったと思っています。私自身の経験から話すことは、とても重要なことだと理解しています」 ライダーは述べました。

0313 Winona

その後ライダーは、アンバーハードの家庭内暴力の申し立てに触れ、申し立てを理解することさえ難しかったと認めます。

「私はもちろん彼とアンバーの結婚の場にはいなかったが、私の経験から、それは非常に大きく異なっていたので、彼に対する告発を聞いた時、私は完全にショックを受け、混乱し、狼狽しました。彼が信じられないほど暴力的な人であるという考えは、私が知っていて愛したジョニーから最も遠いものです。私はこれらの告発を、私の頭に受け入れる事が出来ませんでした。」

デップと過ごした彼女自身の個人的な時を思い出し、ライダーは宣言します。

「彼は決して、決して、私に暴力的ではありませんでした。彼は決して、決して、私を虐待しませんでした。彼が誰かに、暴力的であったり、虐待しているのを見た事がありません。私は本当に正直なところ、彼を本当に良い人として知っているだけです、、私と、彼が愛する人々をとても守り、信じられないほど愛情のある、非常に思いやりのある人、、私は彼と一緒にいて、とても、非常に、極めて安全だと感じました。」

「私は誰も嘘つきと呼びたくありませんが、でも私のジョニーの経験から、そのような恐ろしい申し立てが、真実であるとは信じられません。私のように彼を知っていれば、非常に動揺したと思います。」

ウィノナ・ライダーとジョニー・デップは1990年7月から3年間婚約していた。彼はまた、カップルが別れた時、有名な“Winona Forever”のタトゥーを持っていました。

ライダーの宣言は大きな問題であり、アンバー・ハードに対する名誉毀損事件に深刻な影響を与える可能性があります。ライダーのサポートは、デップを支持して提出されたいくつかの法廷文書の最新版であり、元カップルの親しい友人や使用人が、彼らと過ごした時について話し合い記録に残します。



有難いサポートですね、ヴァネッサ、ロリーアン、ウィノナ、、シェリリン・フェンもコメントはしないものの、ツイッターにジョニーとの思い出の写真をアップしたりして、、良い思い出として残っているのが素晴らしいですね。別れても良い人だったって事ですね。






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4590-8951e472