FC2ブログ

2月26日のプレ・トライアル、サン側の証拠ジョニーが書いたメール

Posted by リラン on 01.2020 裁判関係 0 comments 0 trackback
コロナウィルス騒ぎで心の晴れない毎日で、せめてジョニーの明るいニュースをお届けしたいところですが、ここに来てジョニーに不利な証拠が2月26日の“プレ・トライアル”で提出されたようです。2013年11月、、っていうから“モルデカイ”の撮影期間なのですが、ジョニーがポール・ベタニーに送ったとされる過激な内容(泥酔していて書いた?)のメール・テキストが、“ザ・サン”から提出されました。


ガーディアンの記事です。

【 「アンバーを燃やそう」ジョニー・デップが送ったとされるメールが法廷で読まれた 】

ロンドンで俳優の名誉毀損訴訟が続く中、高等裁判所はアンバー・ハードに関して送られたとされるメッセージの詳細を審理します。

0229 Guardian


俳優ジョニーデップによって書かれたとされるテキストには、当時の妻アンバー・ハードに対する死の脅しが含まれていた、とロンドン高等裁判所で審理されました。

2013年11月、申し立てによると、デップは俳優ポール・ベタニーにメールを送ったと言われています、こう言っている、、「アンバーを燃やそう」。同じ日、申し立てによるとベタニーにこうも送っています、、 「彼女を燃やす前に沈めよう!彼女が死んでいることを確認するために、焼けた死体にf-kするだろう」

テキストは、2018年にデップがハードに暴行を加えたと主張する記事を発表した“ザ・サン” に対する名誉毀損訴訟で読み上げられました。デップの以前の法務チームは、誤って(うっかり) 70,000件のメッセージの記録を“ザ・サン” の弁護士と共有していました。

デップからベタニーへのさらなるテキストは、どうやらフライトに言及していて、、「私はきちんと、お酒のことはやめるつもりです、、この前の日曜日、私はL.A.に飛ぶためアンバーを拾う前に一晩中飲んだ、、見苦しい、友よ、何も食べず、、粉(powders)、、ウイスキーのハーフボトル、1000本ものレッドブルそしてウォッカ、薬(pills)、飛行機の二本のシャンペン、そして何が手に入る??怒り、f-kin' 停電(blackout)のインディアンの怒り、猥褻なことを叫び、そして近くにいる誰かを侮辱する、、私は疲れた、、確かに私が愛する人に私の怒りをスプレーするには頭が混乱している、、少しの理由で、私はそうなるには年を取りすぎている。But, pills are fine !!! 」

このテキストは、デップが否定するデップがハードを虐待したという、“ザ・サン” の事件において提出された一部です。彼らは、2014年5月にプライベート・ジェットの中でデップに虐待したというハードの主張に焦点を当てています。

デップの弁護士の主張は、これは正反対の場面を示しているという事です。

デップはまた、アメリカにおいて、彼女がワシントン・ポストに書いた記事を巡って、名誉毀損でハードを訴えています。



ジョニーって、本をいっぱい呼んでいるから、インタビューでも大げさな物言いをする傾向があるんですよねー、それが裏目に出ちゃったのかなーと思う。ポール・ベタニーとの通信できっと前後のメールもあると思うから、一連の流れではそれほど過激な話ではないのかも。サン側がどうしてこんな個人的な通信記録を入手できたかも不思議です。サンの親会社は数年前に盗聴などで問題になったニューズ・コーポレーションですし、手強いです。

2013年11月16日頃、モルデカイ撮影時のジョニーとポール・ベタニーと、下は12月はじめに出た写真で同じくモルデカイ撮影時ロンドンでのジョニーとハード、、この頃もうこんな激しいケンカをしていたんでしょうか。

0301 20131117 0301 201312





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4580-5cceb508