FC2ブログ

名誉毀損裁判、通報で駆けつけた警官の証言が正式に採用

Posted by リラン on 19.2019 裁判関係 0 comments 0 trackback
12月16日付のThe BLAST の記事です。目新しい証言が出た、、ということではありませんが、問題の2016年5月21日、(DVがあったとされる日)通報を受け、2人が住んでいたペントハウスに行った警官2人がハードの顔に怪我の跡が無かったと発言した、、という話が正式に証言として認められたという事です。警察に通報したのはハードではなかったですよね、確か、ニューヨークに居たアイオ・ティレット・ライトだったと思いますが。


【ジョニーデップは、アンバーハードの顔に目に付く傷は無かったとする警官の宣誓証言の使用を認められ、法的な勝利を獲得した】

The BLAST が入手した新しい法益文書によると、判事はアンバーハードに対するジョニーデップの名誉毀損事件で、事件の夜、通報に応え元カップルの家に行った警官2人の宣誓証言を、ジョニーデップが使用する許可を与えた。

2人の警官は、2016年5月21日の夜、アンバーハードに初めて会った時、彼女の顔に怪我を見なかったと宣誓のうえ証言しました。

私たちが記事にしたように、問題の夜、ジョニーデップが彼女の顔に携帯電話を投げつけて怪我を負わせたと、アンバーハードは主張しました。彼女はデップに対する接近禁止令の一部として、傷のある顔を撮った写真を提出しました。

しかし、最初に現場に行ったLAPD(ロサンゼルス市警察)の警官は、暴行の容疑について質問している間、ハードの頬に打撲傷やその痕跡を見なかったと言います。

ジョニーの弁護士によって取られた宣誓証言で、LAPDの警察官メリッサ・サエンツ(Melissa Saenz)は、ハードの怪我に対する質問に答えました、、、

Q: 彼女の顔に何か跡は見ましたか?
A: いいえ、見ませんでした。

Q: わかりました、どちらかの目の下に打撲傷や何かの跡を見ましたか?
A: いいえ、見ませんでした。

Q: 彼女の頬のどちらかに打撲傷や跡を見ましたか?
A: いいえ、見ませんでした。

元カップルの家に到着したもう1人の警官テイラー・ヘイデンは、アンバーが言っている、被害の可能性についての質問に答えました。

A: しかし、彼女が通り過ぎた時に彼女を見ることが出来ました、そして私が見たのはただの赤い顔でした。彼女は大声をあげて泣いていたし、私が観察したのはそれだけです。繰り返しますが、私のパートナーは彼女と話しました。そして、帰る前に2人とも彼女と話をしました、そしてどちらの時もどんな種類の怪我も見ませんでした。

The BLASTが入手した宣誓証言によると、ヘイデン巡査は、ハードの顔の怪我について、直接質問に答えました。

Q: 彼女があなたのそばを歩いた時、彼女の顔に何らかの腫れを見ました?
A: いいえ、見ませんでした。

Q: わかりました、彼女の顔に何らかの跡を見ましたか?
A: いいえ、見ませんでした。

Q: 彼女の顔に何らかの打撲傷の徴候がありましたか?
A: いいえ

Q: 彼女の顔に、どんなものでも怪我の兆候がありましたか?
A: いいえ


ジョニーデップのリーガル・チームは、アンバーハードが家庭内暴力をでっち上げた事を証明するために、この宣誓証言を使用する動議を提出しました。

しかし、ハードのリーガル・チームは、警官達が宣誓証言の間、アンバーの怪我や証拠について、正確な反対尋問に答えていないと反撃しました。

デップの弁護士アダム・ウォルドマンはThe BLASTに対しこう語りました。「それは複雑ではありません、2人の家庭内暴力についての訓練を受けた警察官が嘘をついているか、アンバー・ハードと彼女の共謀者がデマに加担しているか。ハードさんと彼女の友人は、彼女の顔が打ち付けられていで、事件現場は大虐殺だったと証言しました。」 

「2人の女性警官を含む100件以上の家庭内暴力の呼び出しに応える警察官は、ハードと向き合って話を聞き、家屋内の安全点検をした後に、家屋にもハードの顔にもキズは無かったと証言しました。」 



お口直しの、、クリスマス・プディングの素敵なジョニー

1218 Xmas Pudding 2019

ファッション・ブランド “Beverly Kills” から、このジョニーのタトゥーから取ったTシャツは、このブランドが作りました。

1218 Silence Exile Cunning






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4511-a3a39b00