FC2ブログ

マイケル・ジャクソンを扱ったミュージカルにジョニーが参加した経緯

Posted by リラン on 01.2019 Infinitum nihil 0 comments 0 trackback
このミュージカル企画については、『フェイク・ニュース』 だと、DEPP LOVERS さんに記述があります。。どこからがフェイクなのかサッパリ分かりませんが、(DEPP LOVERSさんが?)ジョニーサイドに確認したところ、ジョニーはプロデュースに関わっていないという事です。CNN も Forbes も取り上げているのに、、変ですね〜 2019.12.04


先日記事にした、マイケル・ジャクソンを扱ったミュージカルの話、書き始めた時はネットで調べても記事が少なく、大して注目されている企画ではないのかな、、と思ったのですが、昨日あたりから有力な情報サイトから沢山記事が出ました。“ジョニー・デップが、、”とタイトルにしているところが多く、ジョニーを企画に引き込んだ狙いは当たった、、という事ですね。

ローリング・ストーン誌”の日本版サイトにも早速翻訳記事が載りました。

記事には、このミュージカルは “an unauthorized Musical”、「無許可」なもの、、と書かれていますが、意味はマイケル・ジャクソンの遺族にお伺いを立てていないってことかな?と思います。


この企画が立ち上がったいきさつは、(記事によると)、劇作家で映画監督のジュリアン・ニッツバーグは、これまでに多くの伝記映画の脚本を書いたことがあり、ある大手テレビ局からMJに関する映画の脚本を依頼されたが、「子供達への性的虐待」 をどう処理するか悩んだ挙句、「MJに向けられた疑惑の全ては、彼の手袋が原因だった。その手袋は宇宙人で、、」 という話でどうだ、、とテレビ局に話したら一蹴されて、企画は頓挫した。

その後、その企画を温めていたニッツバーグは、伝記ミュージカルとして脚本を完成させた。そして資金を確保するために、ジョニーの“インフィニタム・ニヒル”に話を持って行った。ニッツバーグは以前“インフィニタム・ニヒル”のために、1960年代に活躍した歌手/俳優のタイニー・ティムの伝記映画の脚本を執筆したことがあった。

(その伝記映画は実現しなかった企画ですが、ジョン・タトゥーロがタイニー・ティム役にキャスティングされていたようです)

マイケル・ジャクソンの伝記映画企画はいろいろあるそうですが、ジョニーとの縁も深いプロデューサー“グレアム・キング”さんが、“ボヘミアン・ラプソディ”の成功の勢いでビー・ジーズやマイケルの伝記の企画を持っているそうですよ。


ロス・ハルフィンさんのWeiboから、以前とはちょっと違う(表情、ポーズが)写真が投稿されました。

1201 Ross HAlfin 1201 Ross Halfin 2

上が今回出てきたもの、下が以前に出ていたもの。ん〜ん、微笑んでいないジョニーも良いな

1201 Ross Halfin New 1201 Ross Halfin okd






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4495-53196168