FC2ブログ

ファンタスティック・ビースト第3弾にジョニーの続投が正式発表

Posted by リラン on 06.2019 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
ワーナー・ブラザースとポッター・モア(J.K. ローリング監修のウェブサイト)共同のウェブサイト “Wozarding World Digital” から、正式なファンタスティック・ビースト3作目の詳細が発表になりました。密かに心配していたジョニーの続投も確認されました!やれやれです σ(^-^;)


1106 Grindelwald 4


ファンタスティック・ビースト・シリーズ3作目にゴーサインが出て、2020年春に製作が始まる事が確認されました。ここまでで、知っておくべき事がここにあります。

別のファンタスティック・ビースト映画だと思いますか?さて、第3章のプレ・プロダクションが正式に進行中である事をお知らせ出来て嬉しく思います。ここでは、キャストと、製作チーム、そしてかなり特別なロケーションを含む新しい詳細があります。

最初の2つのファンタスティック・ビースト映画から知っていて、そして大好きなキャラクター達の多くが戻って来ます、ニュート・スキャマンダーのエディ・レッドメイン、アルバス・ダンブルドアのジュード・ロウ、そしてゲラート・グリンデルバルドのジョニー・デップとクリーデンス/アウレリウス・ダンブルドアのエズラ・ミラー、クイーニー・ゴールドスタインのアリソン・スドル、ジェイコブ・コワルスキーのダン・フォグラー、そしてティナ・ゴールドスタインのキャサリン・ウォーターストンです。

ファンタスティック・ビースト2作目で、短く登場したコメディアンで俳優のジェシカ・ウィリアムズは、3作目ではより大きな役割を果たします。ホグワーツと同等のアメリカの魔法学校イルヴァーモーニーの教授である彼女のキャラクター、ユーラリー・“ラリー”・ヒックス教授について学ぶのを楽しみにしていて下さい。

この映画は再びデビッド・イェーツが監督をし、プロデューサーのデビッド・ヘイマン、J.K. ローリング他と再結集します。脚本はJ.K. ローリングとスティーブ・クローブスによって書かれます。

最初の2つの映画と同様に、3作目は私達を新しい大陸に連れて行き、世界中の魔法文化を探求します。最初のファンタスティック・ビーストでは1927年のニューヨークでアメリカの魔法使いの生活を私たちに紹介し、2番目では私達をパリに連れて行き、そして今回私達は3番目の訪問先を正式に明らかにする事が出来ます、、リオ・デジャネイロ、ブラジルです!

この場所は、去年のJ.K. ローリングのミステリアスなツイッター投稿で漏らしたが、本当に第3のファンタスティック・ビーストの主要な舞台の1つであると確認されました。

未だタイトルの決まらないファンタスティック・ビーストの第3弾は、2020年春にプロダクションがスタートし。映画は2021年11月12日に公開されます。引き続き。より多くの更新を得るために『Wizarding World. com』 を訪れて下さい。



脚本にファンタビでは今回から、スティーブ・クローブスさんというハリー・ポッターシリーズ7作の脚本を書いた方が、J.K. ローリングさんと共に書くようです。やっぱり第三者の目も必要ですよね。よかった、良かった♪

コメディアンで俳優だというジェシカ・ウィルアムズという方は、日本では馴染みがないけれど、英米では人気があるようで、L.K. ローリングさんが大ファンなのだとか。“ファンタビ:黒い魔法使いの誕生” では、後半にニコラス・フラメルと本の中から会話する、、というシーンに登場しています。

1106 Fantabe 2 1106 Fantabe 1

1107 JK Rolling


リタ・レストレンジのゾーイ・クラヴィッツは、2作目で死んだ筈なのに3作目にも登場する、、という噂があったのですが、やっぱり(出演は)無くなったのかな?ゾーイさんは同じワーナー・ブラザースのロバート・パティンソンが主演する“バットマン” でキャット・ウーマンに抜擢されたそうですよ。


2018年のコミコン、ジョニー登場シーンです。何回観てもすごいなあー。




撮影が待ち遠しいですね





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4474-fb15e053