FC2ブログ

バハマの島の管理人が証言した2015年12月29日の出来事

Posted by リラン on 01.2019 DV裁判関係 0 comments 0 trackback
7月29日付で、The Blast に新しい記事が出ていました。ジョニーのバハマの島の管理人をしているタラ・ロバーツさんの証言です。



【ジョニーデップは新しい証人を用意、申立てによると、ハードが投げたペンキ缶により顔を打たれた】


ジョニーデップとアンバーハードは互いに対する虐待の申し立てを数多く行っているが、デップのバハマの島の従業員は、以前には出ていない事件について証言した。デップはハードがペンキ缶で彼を殴り、彼の事を“人気がすたれた” “デブ” “孤独のうちに死ぬだろう” と言ったと彼女に伝えた。

The Blast が入手した法廷文書によると、2008年からバハマの彼の島の不動産管理者(Estate Manager)としてデップのために働いていたタラ・ロバーツ(Tara Roberts)は、ハードに対する彼の5000万ドルの名誉毀損訴訟で、デップのために書類を提出した。

ロバーツは、2015年12月29日、デップとハードの間の口論を目撃したと主張する。

「私はケンカの原因を聞けませんでした」 ロバートは言う、「アンバーは繰り返し彼を侮辱し、凶暴さを増大させました。彼女は彼を侮辱し、彼の名前を呼び、このこの猛攻撃の最中に、彼女は具体的に“あんたのキャリアは終わった”、“誰もあんたを雇うつもりはない”、“あんたの人気は廃れた”、“デブ”、“あんたは一人ぼっちになって死ぬだろう”、と言うのを聞きました」

ハードの延々と続く攻撃の間、デップは“どっかへ行け”、“1人にしてくれ” と言うだけだった、とロバーツは主張している。アンバーの怒りと叫び声が激しくなり、ジョニーは“行け” “放っておいてくれ” と叫び続けた。「私はアンバーがジョニーに突進し、爪で引っ掻き、攻撃的に彼を引っ張るのを見ました。彼は立ち止まって、彼女が彼から離れるよう叫び続けました」

ロバーツはこの事件の間、「ジョニーがアンバーを殴ったり、押し退けたり、または物質的に手を出して攻撃するのを見た事はありません」 と、主張する。

ある時点で彼女は2人の喧嘩に介入した、彼女は「彼の鼻が赤く腫れているのを見たからです」と、主張する。

ロバーツが説明します、「その時ジョニーは私に、アンバーが私の顔に、ラッカー・シンナー(塗料、油絵具などのうすめ液)のクォート缶(0.9リットル)を投げた、、それが傷の原因だと言いました。翌朝、家の周りには、絵筆や絵の具チューブなど投げ捨てられた画材が溢れていました。アンバーはまた、結婚指輪を外して投げ捨てたので、午後出かけるので探してくれるように頼み、それは見つかって彼女に戻されました」

証言の中で、ロバーツは、「ハードは島にいる間、ノーメイクでいることが多く、このクリスマス休暇の時も化粧はしていなかった。彼女の顔や体にケガの兆候などは見たことがありません」

ロバーツはまた、ハードとの結婚でデップに見られた変化についても記述しています。彼女はハードが現れるまでは、デップは「外交的で、親しみやすく、社交家で、彼が島を訪れるのは家族のようでした。ハードとの関係と結婚によって、ジョニーには明らかな変化がありました、彼はほとんどの日を寝て過ごし、引っ込みがちになり、私達と食事を一緒するのも減りました」

デップの訴訟に対応して提出されたハードの証言で、彼女はデップが 2014年8月 のバハマでの喧嘩の際に、彼女を蹴って平手打ちし、さらにドアを蹴って穴を開けたと主張した。

ロバーツは証言の中で、これらの申し立てについて「2014年8月17日にジョニーが島でアンバーを激しく攻撃し、ドアを蹴って壊したと主張したのは知っています。しかし、壊れたドアなどなく、私はフルタイムで暮らす島での私の仕事の事は全て知っています。
壊れたものは何もありませんでした。」



日本語の分かりやすい 記事 も出ていました。


問題になっている 2015年12月29日 に一番近いジョニーの写真は、2016年1月2日の パームスプリング映画祭 。2人で仲良く出席していますけどね、熱しやすく冷めやすい、、? アップの写真、言われて見ると鼻に打撲の痕が見えるような。

0731 Palmspring

0731 Nose 0731 Nose 2
0731 nose 1 0731 nose 4





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/4368-8e64a2c1