FC2ブログ

ファンタビ、造形美術監督来日のイベントでグリンデルバルドの小道具紹介

Posted by リラン on 09.2018 ファンタスティック・ビースト 0 comments 0 trackback
先週金曜日に書いて保存してあった記事です、チューリッヒ映画祭で忙しくなって忘れちゃってました。ちょっと内容が古いけどお許しを。


ファンタビシリーズの造形美術監督のピエール・ボハナさんが来日し、オフィシャル・アンバサダーの芦田愛菜ちゃんを迎えてスペシャルイベントがありました。あんまり興味ないな〜なんて思っていましたが、グリンデルバルドに関係するものの紹介もあったようです。


1005 ピエール・ボハナ

1005 Grinderwald goods

度々目にした “ドクロと尾っぽ” みたいなデザインは“髑髏パイプ” なんですね。ピエール・ボハナさんの説明は「精霊を吸い込んだり吐き出したりするんだ」だそうです?? ジョニーの役について 「今作からジョニーの役が膨らんでいくよ.。脚本に書き込まれているもの、J.K.ローリングのアイディア、デイビッド・イェーツ監督、プロデューサー、衣装デザインのコリーン・アートウッドの提案するアイディアがあるので、それをまとめてどのように作っていくのか考えていったり、話し合いをして僕らは作業を進めていきます」 とコメントしています。 コチラ から

左には『グリンデルバルドの小瓶』 と書かれたもにもありますね。何をするものなのでしょうか。11月19日に映画脚本が発売になりますが、表紙のデザインにドクロと小瓶(左側にぶら下がっています)が書かれています。

1005 screen play

色々な本が発売になったからか、未発表の写真がたくさん出てきています。

ドクロをグリンデルバルドに捧げるヴィンダ・ロジェール

1005 skull

予言による運命によりグリンデルバルドに引き寄せられる(??)リタ・レストレンジ

1005 grinderwald 3 1005 grindelwald 2


イギリスの映画雑誌『EMPIRE』 の最新号はファンタビが表紙です。ハリーポッターマガジンの付録付き。

1003 Empire 3

『EMPIRE』 から出てきた公式スティールです。

1005 Empire 1 1005 Empire 2


最後にグリンデルバルドの“ファンコ・ポップ” がホットトイズから10月に発売されるようです♪

1003 funko pop

ファンコ・ポップ 新商品発売のお知らせは コチラ
販売店のお知らせは コチラ






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3984-1d9001f0