FC2ブログ

ジョニーが出演を噂される「Waiting For The Barbarians」ロケ地情報

Posted by リラン on 23.2018 夷狄を待ちながら 0 comments 0 trackback
モロッコ・ワールドニュース、、というところから 「Waiting For The Barbarians」 (原作の日本語タイトル“夷狄を待ちながら”)の記事が出ていました。ロケ地はモロッコということになりそうです。


0520 pattinson

モロッコはまた別のハリウッド映画の製産を歓迎し調整します。アメリカの俳優、歌手、そして監督のジョニー・デップは、英国の俳優ロバート・パティンソンとマーク・ライアンスと共に、コロンビアの監督シーロ・ゲーラの 「Waiting For The Barbarians」 の撮影のため、もうすぐこの王国に飛んで来ます。

「私たちは、今年の末にはモロッコで撮影を始めたいと思っています。それは私にとってコロンビア以外の初めての英語作品になるでしょう」 監督がAFP(フランス通信社)のインタビューで述べました。

ロバート・パティンソンとマーク・ライアンスはこの映画のスターであり、撮影は秋に開始されます。デップについては、コロンビアの監督と働いで映画へ出演するように接触されました。

南アフリカのアパルトヘイトに触発されたこの政治的スリラーは、彼のキャリアに弾みをつけるため戦争を挑発する大佐に直面する、無力な小さな植民地の町の英国人の執政官の物語が語られます。

映画は、2003年にノーベル賞を授与された南アフリカの作家ジョン・マックスウェル・クッツェーの、1980年に発表された文学を脚色したものになります。

これは監督ゲーラの英語での最初の長編映画となります。監督は、2016年のオスカーで外国語映画賞の候補となり、今年のカンヌ国際映画祭の監督週間で作品を公開しました。

今年モロッコで撮影されるのは 「Waiting For The Barbarians」 だけではありません。有名なキアヌ・リーブスの「ジョン・ウィック」 シリーズがモントリオール、東京に続いて北アフリカで撮影がある予定です。







○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3772-22fcc694