FC2ブログ

5/18 カジノ・ラマ・リゾート(カナダ)でのライブ第1弾

Posted by リラン on 19.2018 音楽活動 0 comments 0 trackback
ツアー2日目、5月18日カナダ、インタリオ州オリリア、『カジノ・ラマ・リゾート』 でのライブです。まずはジョニーのヴォーカルから。






0519 Casino Rama 7 0519 Casino Rama 8 0519 Casino Rama 2 0519 Casino Rama 1 0519 Casino Rama 4 0519 Casino Rama 9 0519 Casino Rama 5 0519 Casino Rama 6 0519 Casino Rama 10






ヒーローズの対訳を下に書いておきます。興味のある方は読んでみてください。
深読みし過ぎ、、かもしれないけど、今のジョニーが 『ヒーローズ』 を歌う、、という意味を考えちゃうんですよね。今のジョニーって、マネージメント会社との訴訟だの、元ボディガードからの訴訟だの、はたまた、まだ公開前だっていうのに“シティー・オブ・ライズ(元ラビリンス)” のスタッフからの暴露話が漏れたり(これは無視して良い!!)で、周囲に嫌な状況が多々あるじゃないですか、“ヒーローズ” って、そういう環境と微妙に合っている歌なんですよね。「一日だけならヒーローになれる」、、 ボウイの歌は演劇的なものが多いから、俳優のジョニーには合っていると思います。でも、ちょっと照れてる、、かな?もっと、大胆に歌って欲しい。





I, I will be king
And you, you will be queen
Though nothing will drive them away
We can beat them just for one day
We can be Heroes just for one day

僕、僕は王になる、そして君は女王に
彼らを追い払うすべは何もないが
1日だけなら彼らを倒すことが出来る
僕らはヒーローになれる、1日だけなら


And you, you can be mean
And I, I’ll drink all the time
‘Cause we’re lovers and that is a fact
Yes we’re lovers and that is that
Though nothing will keep us together
We could steal time just for one day
We can be Heroes for ever and ever
What d’you say?

そして君、君はみっともなくても良い
そして僕、僕もいつだって飲んだくれさ
だって僕らは恋人どおし、それはまぎれもない事実
僕らを繋ぎとめるものは何もなくても
この時だけは僕らだけのもの
僕らはヒーローになれる、いつまでも
そうだろう?


I, I wish you could swim
Like the dolphins, like dolphins can swim
Though nothing, nothing will keep us together
We can beat them, for ever and ever
Oh we can be Heroes, just for one day

僕、僕は君がイルカのように泳げればと思う
僕らを繋ぎとめるものが何もなくても
僕らはそれを打ち負かせるさ、永遠に
僕らはヒーローになれる、1日だけなら


I, I can remember
Standing, by the wall
And the guns shot above our heads
And we kissed, as though nothing could fall
And the shame was on the other side
Oh we can beat them, for ever and ever
Then we could be Heroes, just for one day

僕、僕は忘れない
(ベルリンの)壁の前に佇んでいた
頭上に弾丸が飛び交う中
僕らは何もないかのようにキスをした
恥ずべきは奴らの方にある
ああ、僕たちは彼らを打ち負かせる、永遠に
その時僕たちはヒーローになれる、1日だけなら


We can be Heroes
We can be Heroes
We can be Heroes
Just for one day
We can be Heroes



○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3770-9fa4339a