FC2ブログ

今年のシネマコンにファンタビ主要キャラクターが登場(No Johnny) 

Posted by リラン on 29.2018 映画祭・AWARDS 0 comments 0 trackback
毎年4月にラスベガスで開催の映画の見本市(各国の映画興行主向け)、“シネマコン 2018” が今年も4月23日から26日までありました。24日にはワーナー・ブラザース・ピクチャーズのプレゼンが行われ、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 のフッテージが上映されたようです。一作目からの主要キャストを含む6人が出席しましたが、ジョニー(ジュード・ロウも)は参加しませんでしたが、日本語の記事では、参加しなかった事にうがった見方をしたようです。

VARIETYの記事からです。
火曜日、ワーナー・ブラザースは10代のニュート・スキャマンダーがホグワーツで“闇の魔法に対する防衛術” の授業を受けるシーンを含むフッテージ(短い映像)を発表しました。

そのフッテージでは、まだ頼りない学生のニュートがヤング・ダンブルドアの授業 『闇の魔法に対する防衛術』 での、邪悪な “ボガード(モノマネ妖怪)” に直面し、デスクが現れるシーンで大きな笑いを生じました。 教室でダンブルドアは、それがニュートにとっての恐れであることを指摘します。

「この映画で僕はホグワーツ(魔法学校)に行けました、それって最高です!」 レッドメインはシネマコンで明言しました。

このデビッド・イェーツの映画は、ノーマジ(非魔法使いの人々) を、純血の魔法使いである仲間と結託して支配しようとする、逃亡者であるジョニー・デップ演じるグリンデルバルドを、ダンブルドアとスキャマンダーが奪還するため力を合わせる様を追っています。デップはこのシネマコンのイベントに参加しませんでした。



今回のシネマコンに出席した1作目からの主要メンバー、青いデニムジャケットの人は、新メンバー、ニュートの兄役のカラム・ターナーさん。

0429 Fanta 1 0429 Fanta2 0429 Fanta3 0429 Cinema Con Fantabe

ジョニーが参加しなかった“理由” として穿った見方をされているのは AH が同じワーナーの“アクアマン” で参加しているから(一緒になるのを避けたから、、)。 確かにこんな場面(下写真)があるのではどっちかが参加できませんよね。

0429 Cinema Con, Warner

ファンタビのステージ写真にもいる白いスーツ姿の男性は、ワーナー・ピクチャーズのお偉いさん、、かと思ったら、自分もアニメ映画(声の出演)のプレゼンに来た俳優(ウィル・アーネット)さんでした。ホスト役を頼まれたのかな?

早く、新しいトレーラーが観たいですね♪






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3760-0e5acd1f