FC2ブログ

2018年のAFI 生涯功労賞を受けるべきは誰?投票やっています

Posted by リラン on 01.2017 映画賞・AWARDS 0 comments 0 trackback
「AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)」 が2018年に開催されるイベントで、第46回となる生涯功労賞を受け取るべきなのは誰?、、と言う世論調査を Gold Derby を通じて行っています。

貼り付けられたので、下から投票できます。この結果で受賞が決まる、、と言うものではないでしょうけど、ジョニーがダントツです♪



スピルバーグ監督とトム・ハンクスが49歳と46歳で受賞したほかは、50代半ばの俳優や監督が受賞している。今回の考慮されるべきとしてリストにあるのは、オスカー受賞者のジェフ・ブリッジス、マイケル・ケイン、ジョージ・クルーニー、ロバート・デュバル、デンゼル・ワシントン、そして、オスカー候補となったトム・クルーズ、ジョニー・デップ、エディ・マフィー、ビル・マーレー、ブラッド・ピット。

今年の受賞者としては、コーエン兄弟、コッポラ、ロン・ハワード、りドリー・スコットといった監督が選ばれる可能性もあるが、今回は俳優の候補者に焦点を絞った、、と言うことです。

去年の受賞者は、女優のダイアン・キートンと作曲家のジョン・ウィリアムス、過去の受賞者などはコチラにあります。 女優のリストはコチラに。


ジョニーは今回は無いな、、って思いますけどね。

ジョニーがAFI (前はアメリカ映画協会、、って訳していたけど、今ではそうは言わないらしい) のイベントを利用して映画のキャンペーンを行ったのは2005年のリバティーンと2015年のブラック・スキャンダル。画像貼っておきます。

1001 AFI 2005 1001 AFI 2015





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3544-cf30f40e