FC2ブログ

ジョニーの財政問題訴訟、元マネージャーが新たな書類を提出

Posted by リラン on 04.2017 裁判関係 0 comments 0 trackback
ジョニーが元マネージャーに対して起こした訴訟に関して、今週動きがありました。書いても読んでも楽しくないモノですが、訴訟相手の元マネージメント会社が、新たにジョニーを攻撃する書類を裁判所に提出、内容的にやっぱり書かずにやり過ごす事は出来ないモノなので書いておきます。

まずジョニーが先週、ウォールストリート・ジャーナルの(電話)インタビューに応じ、訴訟に関する自分の考えを語りました。が、それに対して月曜日ジョニーと訴訟沙汰になっている元マネージメント会社(TMG)が裁判所に38ページもの書類を提出、大部分はジョニーがインタビューで語った事に対して、以前からのTMGの立場を反撃したものなのですが、2〜3の点で、、なんで財政的な訴訟の場でそんな事を言わなきゃならないの??とビックリするような内容のモノがありました。

1つはハードのDVの訴えを「ハードに手をあげた事はあり、彼らの家の複数の使用人から聞いている」と、DVの問題を意味もなくブリ返した事。

2つ目は、ジョニーは長年にわたり、セリフを覚えなくて良いように、フルタイムのサウンド・エンジニアを雇っている(イヤホーンで聞いている、、歌舞伎のプロンプターみたいな)。

ジョニーの超贅沢なライフスタイルは、いわゆる “買い物中毒” のような症状であり、精神分析を受ければそれが照明されるだろう。

ワシントン・ポストの表紙になって(デイブ・スペクター監修の海外ニュースでも出ました)そこには、「SUNKEN TREASURE: Depp suffers “spending disorder” ex-bis team 」 海に消えた財宝:デップは衝動買い障害を患っている。。元ビジネス・チーム

0504 SUNKEN Treasure

コチラに猿渡由紀さんの詳しい(まだまだジョニーに好意的な)記事があります。


Zoneさんでもディスカッションされていますが、昔からのジョニーのファンなら知っている事ですが、、ジョニーがイヤホーンで聞いているのはセリフじゃないです。演技をする時、音楽を聴きながらしている、、と以前本人が語っていました。Zoneさんに2008年の古い記事が貼ってありましたが、キルステン・ダンストが当時激しいシーンの撮影に音楽を使ったと語り、「ジョニーデップも演技する時音楽を聴いていると聞いた、イヤホーンは髪に隠して、、」と話してインタビュアーを驚かせています。


何で今さらジョニーのイメージを悪くする暴露話を裁判所に提出したのか、腹立たしい限りですが、、TMG も猿渡さんの記事を読むと、裁判に負けると会社の存亡に係わる大打撃をうけるから、必死。。って事は、TMGも裁判の勝敗について余裕はないって事だと思う。

私達ファンもTMGの言い分にあんまり神経を尖らさないように、振り回されないようにした方が良いですね。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3423-d7165d17