FC2ブログ

一難去ってまた一難?ジョニーがマネージメント会社を訴えた

Posted by リラン on 15.2017 その他 0 comments 0 trackback
金曜日(1月12日)にハード関係の最近の小競り合い?に対する裁判が行われると、言われていました。そちらは、ジョニーが出していた裁判費用を負担しろ、、という要求は、双方の裁判費用は双方でと指示され、守秘義務に対して改めて確認され、ハードが受取る物的財産分与が公表されました。下の記事にはないけれど、車2台がハードのモノになりました。ハードが受取る700万ドルも細かい支払い計画が示されたようです。

と、そっちは終結したようなのですけど、同じ日にジョニーは前のマネージメント会社に対する損害賠償の訴訟を起こしました。。記事はコチラからのモノです。


裁判官は、彼らの関係の崩壊後の数ヶ月におよぶ口論の後、ジョニーデップとアンバーハードの結婚を終わらせました。判決は俳優(ジョニー)が8月に同意した条件の多くを保持します、そしてそれは女優のDVの訴えによる接近禁止命令に集中した聴聞会の前日に起こりました。

金曜日(1月12日)のロサンゼルス高等裁判所の判決は、デップが「著しく誤ったマネージメント」に対して、2,500万ドルの賠償を求めて前のマネージャーを訴えたその日にやってきました。

離婚合意はデップが700万ドル(ハードは一組の慈善団体に寄付すると約束しました)ハードに支払うように命じました。俳優の弁護士は、デップが直接慈善団体に支払えるかどうか他、最終判決についての他の項目についてつまらぬ口論をしました。

カップルには子供はいません、しかしハードは彼らのヨークシャーテリア、ピストルとブー、そしてアローと言う名の馬を自分の物にしました。

離婚届けは、デップがロサンゼルス、パリ、そしてバハマの島を含む多数の不動産資産の唯一の所有者である事を示しました。彼はまた、40台以上の車両と船(クラシックカーとオートバイ収集を含む)を所有しています。

彼らは共に Spousal Support(配偶者扶養費)を受けていません、そして、彼らの関係をインタビューやソーシャルメディアで議論することを抑制させるために守秘義務が必要です。

判決は、2年未満の結婚を終結させます。カップルは2011年の映画 “ラム・ダイアリー” で出会い、2015年2月に結婚、しかし2016年5月に別れました。

金曜日、デップは「著しいマネージメントのミス」により「何千万ドル」もの損害の犠牲者であると、マネージメント会社「TMG」に対する訴訟を起こしました。

ロサンゼルス高等裁判所に提出された書類でデップは、その会社とオーナーであるジョエル&ロバート・マンデルを、正当な税金を払うことが出来ず、不正な貸し付けを行ない、セキュリティやその他のサービスに過剰払いをした主張します。

彼は詐欺、契約違反と業務上過失を含む11の訴えを提出して、2500万ドル以上の損害賠償を求めています。

訴えの詳細:「長年の著しいマネージメントのミス、時には完全な詐欺の結果、ミスター・デップは何千万ドルも失って、TMGの私的取引と著しい不正行為のための負債を払うために、重大な資産を処分することを強要された」

「本質的に、TMGか第三者は、ミスター・デップの収入を彼ら自身のものと、望むだけ利用出来ると見なしました」

マイケル・Kump は、デップの訴訟は「作り事」であり、「デップの無責任な浪費に寄る出費から保護するために、出来る限りの全て」をしたとTMG を弁護して言いました。

彼はまた、カリブ海の俳優は TMG が貸した500万ドルからの420万ドルを支払う義務があると主張しました。

「彼の作戦と訴訟は失敗するでしょう、そして、約束通り貸し付けを払う事を余儀なくされるでしょう」Kump は付け加えます。



ハードに支払う金額は有名人の離婚劇にしたらさほど高額ではないのに、ジョニーはかなりの財産を処分しましたよね(ロサンゼルの家、フランスの村、バスキアの絵画、、)変だな〜とは思いました。ジョニーの言い分は正しいのかなとも思うし、ジョニーの浪費、、ってのもそうかな?って思うんですよね、お金にならないプロジェクトに色々(プロデューサーとして)かかわっているから。色々身辺整理しているところなんでしょうか?良い弁護士がついていると良いですね。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3335-81c09f8b