FC2ブログ

弾圧を受け投獄された芸術家を支援する運動にジョニーも参加

Posted by リラン on 19.2016 その他 0 comments 0 trackback
今週出ていた記事ですが、表現の自由のために投獄された芸術家を擁護する『ヴォイス・プロジェクト』に、人権運動に以前から係わりのあるミュージシャンのピーター・ガブリエル、トム・モレノなどとともに、ジョニーも参加しているそうです。

「我々は、堂々と意見を述べる者たちのために、異論を唱えたという理由によって世界中で投獄された者たちのために、声をあげます。我々は、どれだけ距離が離れていようが、そこに国境が存在しようが、互いに立ち上がらなければなりません。我々が同じ立場に立ったときに、手を差し伸べてもらうことになるかも知れません」。

と、『ヴォイス・プロジェクト』の団体が声明で述べました。

1119 Voice Project


運動に参加する人たちは、それぞれが1人ずつの弾圧の犠牲者を讃えるメッセージを書いた “マグショット” と呼ばれる犯罪者登録用写真を撮りそれをTシャツなどに仕立てて販売、その収益を投獄されているアーティストの解放する活動資金にしようというもの。

ジョニーが敬意をささげて担当(?)しているのは、ウクライナ人の映画制作者 “オレグ・センツォフ” さんで、ロシアとの併合に反対していて「テロリストグループを結成し、2014年4月、ロシアがクリミアを占領し併合した直後にテロ行為を行った」という容疑で起訴されて、公正な裁判が行なわれずに、懲役20年の判決が下された、、と言う事です。

1119 Oleg Sentsov

日本語の『Rolling Stone』誌の記事がコチラに。

The Voice Project” のサイトから、Tシャツの他にもトレーナーやヨットパーカーも作られています。

1119 parker 1119 Tankop 1119 Sweat






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3291-1cd9d776