FC2ブログ

オリエント急行殺人事件にペネロペ・クルスが出演

Posted by リラン on 12.2016 オリエント急行殺人事件 0 comments 0 trackback
記事がアレやコレや沢山出ていますので、短い時間で書けそうなこの話題から、、

その前に、、ジョニーのライブを観たくても観れなかった人、観れたのに行かなくて後悔している人(私)に慰めのお菓子とお茶をどうぞ。。

1112 toraya


DEADLINE
からの情報で、ジョニーが殺される男役で出演する『オリエント急行殺人事件』に、ペネロペ・クルスの出演が決ったようです!正直言って、“オール・スターキャスト” と銘打っている割には、、本当の意味で(国際的に)スターと呼べる人はジョニーの他には、あと2〜3人しかいない、、と不満だったので、ペネロペの参加はとても嬉しいです。

ペネロペが演じる役はまだ発表されていません。。ので、推測するに、現在発表になったキャスティングでまだ決まっていない、スウェーデン女性グレタ・オールセンなのかな、、と思います。1974年版ではイングリット・バーグマンが演じてアカデミー助演女優賞を授賞した役柄です。

グレタ・オールセンは見た目地味な中年婦人、、おどおどした羊のような人。イングリット・バーグマンはスターオーラを消して演じて(たどたどしい英語を話して)演技を評価されたのでした。ペネロペが演じるのなら、たどたどしい英語を話すスペイン人に設定を変えるかな。ペネロペもゴージャス・オーラを消して地味な役作り、、だったら面白いな。


去年の正月ドラマで放送された三谷幸喜版の配役と比べると、今回の映画のキャラクターのイメージが分かり易いかもしれません。

エルキュール・ポアロ ⇒ ケネス・プラナー(野村萬斎)探偵
サミュエル・ラチェット ⇒ ジョニー・デップ(佐藤浩市)アメリカの実業家
ヘクター・マックィーン ⇒ ジョシュ・ゴッド(二宮和也)ラチェットの秘書
エドワード・マスターマン ⇒ デレク・ジャコビ(小林隆)ラチェットの召使い
ハバード夫人 ⇒ ミシェル・ファイファー(富司純子) おしゃべりなアメリカ女性
グレタ・オールソン ⇒ ?? (八木亜希子)信心深い中年のスウェデン女性
ドラゴミロフ公爵夫人 ⇒ ジュディ・デンチ(草笛光子)醜い容貌で尊大。
アンドレニ伯爵 ⇒ ??(玉木宏) ハンガリーの外交官若くてハンサム
アンドレニ伯爵夫人 ⇒ ルーシー・ボイントン(杏)若くて誰もが認める美人
アーバスノット大佐 ⇒ ??(沢村一樹)高圧的で尊大な男
メアリ・デブナム ⇒ デイジー・リドリー(松嶋菜々子) 
ピエール・ミシェル ⇒ マーワン・ケンザリ(西田敏行)


イングリット・バーグマンのグレタ・オールせん
1112 ingrid murder 03

パイレーツのジャックとアンジェリク

1112 Jack

1112 Johnny Penelope





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3282-7dba60a9