FC2ブログ

ラビリンスにゴーサインが出ました!11月中旬から制作開始

Posted by リラン on 20.2016 ラビリンス 0 comments 0 trackback
トロント映画祭で取引先を探していたようですが、このほど『オープン・ロード・フィルムズ』というところと取引が成立してジョニー主演で制作される事が確実となりました。

Deadlineから抜粋です。


Open Road Films” はジョニー・デップ主演、ブラッド・ファーマン監督『ラビリンス』における国内の権利といくつかの重要な海外の権利を取得しました。制作は11月半ばから始まります。『ラビリンス』は Randall Sullivan の同タイトルの原作に基づくChristian Contrerasが書いたグラックリストの脚本です。これは最低2000万ドルの保証と2500万ドルのP&A(Printing & Advertising)保証の大きな取引です。

ミラマックスは『ラビリンス』の共同投資家となります、“グッド・ユニバース” が残りの海外セールスを執り行います。

デップは『ラビリンス』において、最大の事件(ラップのプロデューサー Tupac Shakur とThe Notorious B.I.G. 殺し)を解決できない不名誉なロサンゼルス市警察の刑事ラッセル・プールを演じます。“ジャック” ジャクソンは自分の名声とキャリアを守るのに必死のレポーターで、プールと協力して事件を解決すると固く決心しています。プールが腐敗と犯罪の信じられないストーリーを再現すると同様に、ジャクソンはスキャンダルと偽装の増大する網を解き始めます。この2人の壊れた男達の真実のためにそれを追う容赦ない探求は、ロサンゼルス市警察を土台から揺るがす恐れがありました。

ミリアム・セガールと彼女のGOOD FILM が制作します。




太字にしましたけど、ジョニー演じる刑事のキャラクターが少し分かりました。それとジャーナリスト(リポーター)というもう1人の重要なキャラクターがいる事が分かりました。。誰がやるんでしょうね〜キャスティングが楽しみです♪


この脚本はザ・ブラックリストからの脚本だ、、とありましたけど、ブラックリストは、映画化されていない脚本を業界関係者の投票で優秀な脚本を選ぶ『The Blacklist』という脚本賞の事で、この『ラビリンス』は2015年12月に10票あつめています。2015年の1位は44票あつめた故マイケル・ジャクソンの猿を主人公にしたモノだそうです。
コチラに日本語の記事が、、コチラにDeadline の記事がありますけれど、、、、同じ2015年に37票あつめて3位になっているのは、こちらもジョニーが主演をやると報道のあった『リバティーン』ですよ。あんまりやって欲しくない役と思っていたけど、面白い脚本らしいからこちらも楽しみですね♪ リバティーンの過去記事はコチラです。

刑事とジャーナリストが事件にのめり込んで壊れていく、、ってところは2007年のデビッド・フィンチャー『ソディアック』に似ているように思います。ジョニーがどう演じるか楽しみですね(外見はお願いだからフツーで!)



写真がなくて寂しいので(記事とまったく関係ないけど)少し前に1993年のジョニーを探していて網に掛かったチョイ悪なジョニーです、セクシー

0912 Johnny 1993e





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3217-afb8a04f