FC2ブログ

ダグ・スタナップがラジオ・ショーでアンバーからの中傷訴訟の件を語った。

Posted by リラン on 26.2016 DV裁判関係 0 comments 0 trackback
The Wrapにアンバーとジョニーに関する記事を載せ、内容が許し難い中傷である、、としてアンバーから訴訟を起こされているコメディアンのダグ・スタナップさんが、その後初めてラジオの番組(The Howard Stern Show)に出演し、事件について語ったそうです。

ひどく苦労して訳しましたけれど、以前出ていた内容を繰り返しただけでした(訴訟中だから当たり前?)。記事はコチラからです。


ジョニー・デップの友人ダグ・スタナップは、The Wrap の特集(女優が彼女の夫を恐喝したと書きました)の爆発的な記事のために、アンバー・ハードから中傷訴訟を受けてから初めて沈黙を破りました。

彼は彼の側の記事についての詳細と、ハードがデップに対して起こした離婚申請の6日後、5月29日にThe Wrap に記事を送ってからどのようにウィルス性になったかを語りました。

「僕はそれを自分のウェブサイトに載せたんだ、タイトルは 『At a Loss for Words(言葉に窮する)』それだけだ。The Wrap はそれを特ダネとして手に入れ、どんな方法でもそれを効果的に使った、そしてこんなタイトルで、、『Amber Heard Is Blackmailing Johnny Depp — This Is How I Know(アンバーハードはジョニーデップを恐喝している、、なぜ私が知ったか)』僕はこんなf--king なタイトル書かないよ。そんな愚かなタブロイドのタイトルは書かなかった。僕はそれよりは良いライターだからね、だから、それがどうして決ったかも分らないし、悪意がどれくらいあるかも分らない」

ハードが部分的に“極めて中傷的である” と言う一方で、デップはそれに満足であるとスタナップは言いました。

「それが出た後、彼がメールで “Hey, thanks for being honest(正直にしてくれてありがとう)”と言ってくるまで連絡は取らなかった。彼はその記事が出たのを知らなかった、それは彼を少しbitchのように見えさせたのでビックリしてしまった」I was a little petrified because it kind of made him look like a bitch. 'Cause he was kind of a bitch,” he said.

それが“name-dropping(有名人の名前を出して友人であるのをひけらかす)” であるように感じると、認めはしたが、自分は宣伝のために書いたりしないし、この(自分の)訴訟は滑稽だ、、なぜなら自分は失う何百万ドルも持ってはいないから、とスタナップは主張します。

スタナップはまだ彼の主張を保っていて、ラジオ・ショーでそれを繰り返しました。「その日僕は彼を訊ねて行った」彼はハードが激しい喧嘩の間、デップによりケータイで打たれたと主張している6月21日の事を言いました。「彼はこのような何かを彼女がしそうだと仄めかした。彼女はそれが起きた1週間あとまで現れませんでした。しかし、それはその夜起きて、彼は彼女が何かしそうだとそれとなく言いました」

「彼女は私をだまらせようとしていると思う(I think what she’s trying to do is make me shut the f--k up)」スタナップは締めくくりました。「私がそれについて何も喋れなくするように、でも、いまもっと話しているけれどね」

「被告は、彼らの結婚が失敗する原因について、事実から衆目の眼をそらす事をしている」として、ハードは6月3日スタンナップに対する中傷訴訟を起こしました。

スタナップはデップが、彼と別の友人(ビンゴ)に、ハードが彼の元を離れ、彼を恐喝しようとしていると打ち明けられたとコラムで断言しました。「彼は、彼の母(れは彼を動揺させました)だけでなくアンバーまで彼から離れようとしている最も無防備なところを、もしも要求を飲まないのなら、ある事ない事を公にするとアンバーから脅されたと打ち明けました。Blackmail(恐喝)、他の人々がイメージするだろうと私は思います」彼は書きました。

スタナップの代表は以前コメントをしませんでした。US Weekly はハードの代表にもコメントを求めました。



Zoneさんでの話しだと、アンバーの匿名の友人って人が、アンバーも彼女の友人もスタナップさんを誰も知らない、、とpage six (ニューヨーク・タイムズのゴシップ欄)に話したらしいです。あんなに何回も会った写真があるのにね。下の写真、ラクエル・ペニントンまでいるじゃないですか。

0626 Johnny London






○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3109-c8388cec