FC2ブログ

ジョニー離婚の記事其の一、アンバーの主張篇(?)

Posted by リラン on 29.2016 その他 0 comments 0 trackback
その1、、としましたけど、どのくらい長引くのでしょうか?すでに問題発生から数日が経過して、日本語の記事も沢山出ていますけど、原文の記事からちょっとまとめてみます。

アンバーは裁判所に、ジョニーから暴力を受けたとして証拠写真を提出、接近禁止令と離婚を申請した。アンバーによると、結婚直後から通して、度々言葉や身体的な暴力を受けていたが、先週土曜日(5月21日?)ロスの自宅で喧嘩になった際、ジョニーからスマートフォンを顔に投げつけられて怪我をした、、という主張をしました。

慰謝料の額が決まるまで、、という事なのか『配偶者扶養料』なる物と、家と車の使用権を要求。。ジョニーサイドからは『配偶者扶養料』の支払いは拒否されたという事です。配偶者扶養料(Spousal Support)離婚後扶養料とも、、要求額は月に5万ドル、日本円にして500万円以上の額という事になります!!

BBC 記事です。

アメリカの法廷は、アンバーハードがジョニーデップから暴力を受けたと主張したのち、彼に別居中の女優の妻から離れているように命令しました。

ハードさんは、デップさんが土曜日(5月21日)の争いの際、彼女のモバイルフォンを、彼女に投げつけたと延べました。

裁判官もまた、デップさんはハードさんに連絡しようとしてはならないと命じました。

月曜日(5月23日)彼女はパイレーツ・オブ・カリビアンの俳優と15ヶ月の結婚ののち、和解し難い不和(irreconcilable differences)を理由に離婚を申請しました。

ハードさんは、頬と目に傷跡のある写真をロサンゼルス上位等裁判所に提出しました。

「私はジョニーが、身体的、感情的に私を脅迫するために、予告無しに我々の家に戻る事を恐れて生きています。」はーどさんは宣誓供述書に述べました。

彼女は事件が起きた時、俳優がクスリでハイになり、酔っぱらっていた、そして彼女の髪を引っぱり、彼女に向って大声で叫び、彼女の顔を掴み叩いた(hit her) と供述しました。

彼女の提出書類には、結婚した後の虐待の歴史も申し立てされています。

「裁判官は我々の提出した証拠を見直しました」ハードさんの弁護士ジョゼフ・ケーニグは裁判所の外でリポーターに話しました。「彼(裁判官)は、提出した証拠と、受取った更なる暴力に対して禁止令を出しました。」

デップさんの弁護士は、俳優が mutual-stay order (接近禁止命令の事?) に同意する書類を書きました。彼はいま彼のバンド、ハリウッド・ヴァンパイアーズの一員としてポルトガルにいます。

デップさん5(52)、ハードさん(30)は2011年 “ラム・ダイアリー” の共演者として出会いました。2人に子供はいません。


アンバーの宣誓のうえで法廷に提出した書類の一部です。「私は離婚を申し立てます。ここに個人的に知り得た事実にもとづいて証言します」で始まる、離婚を申請する理由を述べているようです。

0529 cort doc

ちょっと目に付いたところで、、3番目「私とジョニーは2012年から同居をはじめ、、」って、、2012年11月の記事に2人の関係を疑う記事があるけど、やっぱりもう一緒に住んでいたんですね〜〜

アンバーが提出した証拠写真です(出所はコチラ

0529 Amber 0529 photo1 0529 Amber2のコピー

0529 photo2 0529 photo4

2番目の写真はジョニーが割った(何で?)って事なんでしょうね。これは結婚式前にアンバーが友人達(アイオ・ティレット・ ライトとか、2013年初めてアンバーがジョニーと来日した時同行した人とか、お仲間がみんな居ます)とロンドンを旅行した時のモノですね。 3番目は割れたガラス、、4番目はワインの瓶が転がっている、、流れているのは血ではなくてワインの中身? 5番目は床に付いた血、、ですか? 





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/3088-bf718338