FC2ブログ

悪いニュースと良いニュースと、、

Posted by リラン on 23.2015 その他 0 comments 0 trackback
悪いニュースを先に(どうせ明日には日本語の記事がでるでしょうから先に書いておく)、、毎年ニュースになりますが、 “今年、最もギャラが払われすぎな俳優” のトップがジョニーだとフォーブスが発表しました。Link

Hollywood's Most Overpaid Actors 2015:
Johnny Depp Leads Denzel Washington, Will Ferrell

可哀そうなジョニー・デップ。キャプテン・スパロウとしては何も悪い事はない:彼のパイレーツ・カリビアンの4作は37億ドルを稼ぎ、歴代で最も成功したシリーズとなりました。しかし、モルデカイのチャーリー卿とトランセンデンスのウィル・キャスター博士は、彼自身が数百万ドルを稼いだ割には興行的に成功する事が出来ませんでした。

デップは今年の最も払われ過ぎな俳優です:彼の最近の映画は、彼に1ドル支払われたのに対して1.20ドルしか戻せませんでした。その投資利益率(投資額に対する利益の割合)は、2位に付けたデンゼル・ワシントン(最近の映画1ドルに対して6.50ドルのみじめな戻し)の上位に付けました。

ワシントンとデップの両人は過去には8ケタの報酬に値する成功をして来ましたが、最近の彼らは費用が掛かりすぎて危険だとあばきました。トランセンデンスはかろうじて1億ドルの製作費をカバーしましたが、モルデカイは“Rotten Tomatoes” の12%のわびしい評価を受け、6000万ドルのコストのところ、4700万ドルしか稼げませんでした。

デップには幸いな事に、“アリス:スルー・ザ・ルッキンググラス(2016)” 、パイレーツ:デッドマン・テル・ノー・テールズ(2017)” という2つの続編があります。ブラック・マスの良くも悪きもない成績(5300万ドルのコストに対し、(世界業収で)9450万ドルの収入)にもかかわらず、その2つの映画は彼の比率を押し上げ、リストから外れる事が出来るかも知れません。


ちなみに3位はウィル・フェレル(1ドルに対し6.8ドル)、4位はリーアム・ニーソン(1に対し7.2)5位ウィル・スミス(1に対し8.6)、クリスチャン・ベール、チャニング・テータム、ブラッド・ピット、ベン・アフレック、トム・クルーズ、、と続きます。

お金の事は良くわかりませんが、ジョニーのギャラが100万ドルだったものの映画チケットの売上げが120万ドルだった、、ってことでしょうからそれは大赤字で、リストに載っても仕方ないかな。


良いニュースは、、コチラの情報サイトで、『今年1番良かった広告』にジョニーのディオール“ソバージュ” が選ばれています♪♪


おまけ。。先日のザ・レイト・レイト・ショー出演時のジェームズ・コーデンとアンバー

1223 Amber





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/2907-901eb38d