FC2ブログ

結局SLIMのタトゥーはアンバーの事なのか?

Posted by リラン on 27.2015 音楽活動 0 comments 0 trackback
コメントを頂いて思い出したのですが、ジョニーには “Slim” というタトゥーがあったんでしたね。ロック・イン・リオで指に書いている(ご安心下さい、タトゥーではなかったです♪)SLIM が何の意味で書いたのか不明だったんですが、元々ジョニーには大切な “word” だったんですね。

0926 Johnnys Tatoo2 0926 Johnnys Tatto

以前の記事には “SLIM” の意味には2つ有力な説があって、

1つ。。昔の映画『脱出』でデビューした女優ローレン・バコールの役名
2つ。。スタインベックの小説の登場人物の名前

その時は結局ジョニー本人に聞いてもらわないと分らない、、だったと思うのですが、Deppography さんのディスカッションでは皆さんアンバーの事と思っているようです。そういう結論になったのかな?

DeppographyさんにあったGIF
0927 sophy

でも今回改めて調べてみて、やっぱりアンバーの事かなと、、思いました。映画『脱出』のローレン・バコールの役名は マリー “スリム” ブラウニング で、スリムはニックネームというか通称なんですね、アンバーの事をニックネームでそう呼んでいる、、はありそうです。ローレン・バコールは “脱出” で共演した大スター、ハンフリー(ボギー)ボガードと結婚しました、、歳の差は25歳でした。。ジョニー達が “ラム・ダイアリー” で共演した時の状況に似ていますね。



これは“脱出” の1番有名なシーンなんだそうです。「用があったら口笛を吹いて、吹き方は知っているでしょ?」と、クールに言って去って行く。。ジョニーはロマンチストですからね〜古い映画の2人を自分達に結びつけたのかも知れませんよ。


それで、今回ですが、時間的に見て行くと、、

ライブ前(下書きが見える)
0926 Hearing slim1

ライブで
0926 Slim

ライブ終了後(手を洗った?)
0926 outside concert1





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/2810-6cc86791