FC2ブログ

ブラック・マス、トマト指数76%でフレッシュ認定獲得

Posted by リラン on 19.2015 Black Mass 0 comments 0 trackback
現地で9月18日の公開日を迎えたブラック・スキャンダル(ブラック・マスのタイトルの方が良いな、スキャンダルって違う映画みたい)ですが、映画格付け(批評を集めた)サイト、Rotten Tomatoes で75%以上の肯定的な批評を集め、フレッシュ認定(Certified Fresh)を獲得しました

0918 Rotten Tomatoes

9月18日公開の映画で、ブラック・スキャンダルのライバルとなるのは『メイズ・ランナー』の続編(パイレーツ新作のカヤ・スコデラーリオが出演している)です。大作では他に『エベレスト3D』がありますが、こちらはIMAXのみでの限定公開です。コチラの予想では、映画の性質からして(若者向けのアクション映画、、続編だし)メイズ・ランナーが金曜日の興業ランキングで1位を獲るだろうと言っています。

1位は撮れなくて良いけど、ヒットはして欲しいです(出来れば1億ドルくらい)、良い批評が集まっているし、ベネチアやトロント映画祭が良いタイミングで開催されたし、映画の知名度も上がっていると思うので、健闘して頂きたい。興業成績もオスカー候補獲得には必要になるんですよね。


バルガーの息子役ルーク・ライアン君のツイッターにもう1枚写真がアップされていました。

0918 Johnny Luke


ロンドン・フィールズの続報です。監督がプロデューサーを相手取って訴訟を起こしたというニュースがあり、トロント映画祭でのワールド・プレミアはどうなるのかと思っていましたが、今日になってトロント国際映画祭の主催者から上映を中止すると発表がありました。

事務局は「私たちは、この映画祭を通じて、一般の人々にクリエイティブな表現を見ていただく機会にしたいと、努力してきました。しかし、18日に上映予定の作品をめぐり、クリエイティブなビジョンが揺らいでいる今、ラインナップからはずすのが適切だと判断しました」と声明を発表している。コチラから。

アンバーもやっと自分が主役の映画のプレミアを、、だったのに気の毒ですが、トロントでのプレミア前に映画は配給会社(ライオンズゲート&Grindstone)が決り、アメリカ国内での上映が出来そうです。訴訟騒ぎも良い宣伝になるかも知れません。





○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/2787-1a81dd73