FC2ブログ

7月7日キャプテン・ジャックが小児病院を訪問

Posted by リラン on 07.2015 パイレーツ5 0 comments 0 trackback
7月7日の今日、ジョニーがキャプテン・ジャックの扮装(子分付き♪)で、ブリスベンにあるLady Cilento Children’s Hospital という小児専門の病院を訪れたそうです。内緒の訪問だったらしいのですが、、色々なメディアで紹介されています。



コチラの記事、、時間がないし、、けっこう意味が通じるのでウェブ翻訳(ほぼ)そのまま(さすがに固有名詞は直した〜キャプテン・すずめ、、)載せます。

ブリズベーンの病院で、病気の子供を訪ねるために最新のパイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズの撮影から、ジョニー・デップは時間をつくりました。

52才のスターは訪問を秘密にしておこうとして、レディー・シレント・チルドレンズ病院への個人的な通院であると思われたことを公表しないようスタッフに頼みました。

しかし、区で子供を励ましている彼のジャック・スパロウ・コスチュームで着飾るデップのソーシャルメディアで、写真はすぐに出てきました。

会わなければならない人々の間に、デップは7才のマックス・ベネットでした。そして、横の脊髄炎(ちょうど数週前誘発された昏睡で、そして、生命維持に関して彼を持っていたまれな神経障害)を、その人は患います。

彼らが普通の黒いヘリコプターで病院に着陸したとき、マックスと彼のおかあさんレイチェルは夕食をとっていました。

スタッフ・メンバーは、ジャック・スパロウが二階にいると彼らに話しました。

「彼は、ベッドから出ることができなかったすべての子供に会って、部屋から部屋へ行っていました」と、ベネットさんは言いました。

「我々は部屋の1つの正面で待ちました、そして、彼は我々に近づいて、マックスと本当に良い会話をしました。」

デップは冗談を言って回り、劇の扮装でマックスの名前を書こうとして失敗し、彼に若干の「金貨」を渡していました。そして、それは海賊の頭が彫られました。

0707 Hospital

マックスにすでに会うことにもかかわらず、およそ1時間後に、それから、彼と他の子供たちが扱われていたリハビリテーション区を、デップは訪問しました。

「彼は皆と確実に話すために時間をかけていました」と、ベネットさんは言いました。

「それは、本当に美しかったです。誰でも彼が先に動くように試みましたが、しかし、彼は戻って来続けました。

「大人に沿って押されないで、それによって押し合われなかったという、そして、子供と望んだのと同じくらい多くの時間を過ごすことができたという状態に関して、彼は来ました。

「彼は、子供のためにここにいました。」

マックス(大好きな映画はパイレーツ・オブ・カリビアンです)は、ジャック・スパロウに会うことが彼の生涯の最高の部分だと言いました。

「“彼のコスチューム” はとってもクールでした」と、彼は言いました。

「彼はおかしかったです。彼は、あごひげ(私の大好きな部分)を作るために、髪で結び目をつくりました。」

0707 Hospital2



FC2 Blog Ranking


○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://prettieststar.jp/tb.php/2707-7c2c9b44